土について

土の選び方

土の選び方



               の選び方


硬く痩せたでは、良い野菜は育ちません。
できるだけ良い環境の中で野菜を栽培するには、良い土選びが
かかせません。




植木鉢一つで育っていく植物にとって、畑の代わりになる土は
大変大事な要素です。
ですのでしっかりと良い土を選んで使っていきましょう。


でも、さまざまある土の中から何を使えばいいのか?
じつは、そんなに心配はいりません。


野菜栽培に必要な栄養分などがあらかじめ配合された、
野菜用培養土 という土が一般に市販されていますので、
その土を使えば問題ありません。


ただ、一般に野菜用培養土 といっても実際にはさまざまなので、
基本的な良い土の条件と、実際に土を購入する際の注意点を
チェックしておきましょう。



                  


良い土とは、
水の排水性と水の保水性のバランスのとれた土のことです。


土は、小さい粒子が集まって、
さまざまな大きさの粒となっています。

土の粒と粒の間に隙間ができることで、
その隙間が、水や空気の通り道にります。

その隙間があることで、水やりのときには水を吸収し、
水分を適度に保ちます。
水が通ったあとには、土に新鮮な空気が導かれます。


ですので、良い土は触るとふわふわしていて、
適度に湿っています。


そういう土の中でこそ植物は、しっかりと根を伸ばして
元気に育っていくことができます。





実際に土を購入する際のポイント


野菜栽培用や家庭菜園用と書かれた、
肥料入り培養土 であれば問題ありません。

野菜用とか家庭菜園用であれば、
野菜の栽培に合った肥料が土に配合されています。



それから、そもそも土には酸性とアルカリ性がありますが、
その中でも野菜作りに合う土は、中性から弱酸性の土になります。

酸性が強いと、
根っこから栄養分を十分に吸収できなくなり、
思ったように作物が育ちません。

その場合は、
アルカリ性の石灰などを混ぜることで中性に近付けるようにしますが、
一般に市販されている培養土 を購入すれば、
あらかじめ、中性から弱酸性に調整されていますので、
そのまま使用できます。






栽培が終わったあとの土と、次の栽培に使う土について


一度、野菜の栽培が終わった土は、
栄養分が減っていますし、残留物質があって、
そのままの状態で、次の野菜の栽培に使い回すのが
よくないことがあります。


また、野菜の品種によっては
同じ土で同じ品種の野菜を続けて栽培すると、
連作障害といって、
作物が育ちにくくなることがあります。


ですので、基本的に次の野菜を栽培するときには、
土をそのまま使い回すことはしません。





次の栽培をはじめる前の準備


簡単でお手軽な方法でいくなら、
鉢の中の土をそっくり新しい土に入れ替えて、
次の野菜栽培をします。


少し手間をかけて、土を再生して使う方法も
やってみてもいいと思います。



古い土を再使用する場合の再生の仕方

1.晴れた日に土を日光に当てて、消毒します。

新聞紙などを広げて、その上に土をほぐしながら広げて
日に当てると良いです。

そのときに、鉢の底に敷いた石は取り出し、
土に混じった古い根のくずやゴミなどを、取り除きます。

ふるいを使うと作業しやすいです。


2.土の成分を再生させるため、土の再生材 を土に混ぜ合わせます。

それと同時に、元肥も加えます。
元肥とは、植え付け前の土に配合しておく肥料 のことです。



簡単にやるとこんな感じですが、
土の再生材 肥料 はさまざまなものが売っていますので、
次に作る野菜に合わせて、いろいろと試しながらやっていきましょう。












あると便利!家庭菜園グッズ










































































 ベランダで出来る家庭菜園  TOP


 ベランダならではの環境とは?

 野菜栽培をはじめよう

 鉢やプランターにもいろいろ

 土の選び方

 種からはじめる栽培方法

 苗からはじめる栽培方法

 水やりについて

 肥料について

 病気と害虫について



 トマトを育てよう

 じゃがいもを育てよう

 さつまいもを育てよう

 なすを育てよう

 きゅうりを育てよう

 ピーマンを育てよう

 にがうりを育てよう

 いんげんを育てよう

 枝豆を育てよう

 バジルを育てよう

 レタスを育てよう

 ブロッコリーを育てよう

 ほうれん草を育てよう

 小松菜・水菜を育てよう



 おすすめアイテム


 プロフィール




































































TOPページへ

 おすすめアイテム
Copyright(C) All Rights Reserved