苗からの栽培

苗からはじめる栽培方法

苗からはじめる栽培方法



            からはじめる栽培方法


トマトやなす、きゅうりなどは、植え付け時期が近づいてくるころには
が売っているので、苗から栽培をはじめましょう。

家庭菜園は、なるべく手間をかけずに楽しみたいですから、
苗が売っているものであれば、それを利用しない手はありません。



作物の出来栄えや収穫量は、
苗の良し悪しによって大きく変わってきます。

トマトやなすなど果菜類では、
良い苗を育てるのは、難しいことなので、
売っている苗を利用しましょう。


                        
良い苗とは、

茎が太くがっちりしていて、
葉と葉の間の節間が短く、
葉の色と形の良いものです。




苗を購入するときには、

土が乾燥していないか、
病気だったり害虫の被害にあっていないか、

などもよく見てください。




野菜の苗は、
植え付け時期が近づくと前もって出回ってきますが、
まだ買うには早いからとのんびりしてると、
いざ買おうとしたときに良い苗が残っていなかったり、
(残り物は苗が間延びしていたり、元気がなかったり・・・)、
目当ての野菜の苗がなくなっていたりと、
悔しい思いをすることもあります。

目当ての苗が出回りだしたら、早めに購入するようにしましょう。






苗の植え付けについて


苗が手に入ったら、早めに植え付けしましょう。
せまいビニールポットの中で、苗が弱ってしまわないようにです。

鉢やプランター は、それぞれの野菜に合った大きさのものを
使いましょう。






苗の植え付け方


鉢やプランター の底に鉢底網を敷いてから、鉢底石を入れます。

排水をよくするのなら、鉢やプランター の1/5くらいまで
鉢底石を入れても良いです。

その上に肥料 入りの培養土 を、鉢やプランター の八分目くらいの
高さまで入れます。

土を手で軽く押さえて、表面を整えるようにしておきます。


苗はポットから取り出したら、土ごとそのまま植えつけますので、
植え付ける側の土の方には、苗が土ごと植えつけられるくらいの
ちょうどよい穴を開けておきます。

そこに土ごと苗を入れたら、苗の土と植えつけた側の土の高さを
合わせるようにします。


苗の土には、その苗の根が張りめぐっているので、
苗を植え付けるときには土を崩さないように、注意して下さい。




あとは、たっぷりと水を与えておきます。
鉢の底から水が流れ出てくるくらいまで、水をあげて下さい。















あると便利!家庭菜園グッズ



















































 ベランダで出来る家庭菜園  TOP


 ベランダならではの環境とは?

 野菜栽培をはじめよう

 鉢やプランターにもいろいろ

 土の選び方

 種からはじめる栽培方法

 苗からはじめる栽培方法

 水やりについて

 肥料について

 病気と害虫について



 トマトを育てよう

 じゃがいもを育てよう

 さつまいもを育てよう

 なすを育てよう

 きゅうりを育てよう

 ピーマンを育てよう

 にがうりを育てよう

 いんげんを育てよう

 枝豆を育てよう

 バジルを育てよう

 レタスを育てよう

 ブロッコリーを育てよう

 ほうれん草を育てよう

 小松菜・水菜を育てよう



 おすすめアイテム







































TOPページへ

 おすすめアイテム
Copyright(C) All Rights Reserved