いんげん

いんげんを育てよう

いんげんを育てよう



              いんげんを育てよう


いんげんは、ビタミン類や食物繊維を多く含んだ野菜です。
実が若いうちに早採りしたものは、さっと茹でて胡麻和えにすると
とてもおいしいです。




いんげんの育て方

いんげんには、つるありと、つるなしの2種類があります。

つるありは、栽培期間が少しかかりますが、たくさん収穫できます。
つるなしは、栽培期間が短いですが、収穫量も少なめです。

多少の時間はかかっても、じっくり育ててたくさん収穫できるつるありの方が
育てがいがあっておすすめです。


                           

種から育てます。

いんげんは、種まきから育てはじめるのが一般的です。

種まきは4月中旬〜5月ごろになります。
7月ごろに種まきする、遅まきでも、栽培できます。




種まきの仕方

大きめの鉢に土を入れたら、深さ2cmくらいの丸い穴を三つほどあけて
その1ヵ所につき3〜4粒ずつくらい種が入るように、
少し深めに点まきしていきます。

種をまいたら土をかぶせます。
しっかりと土をかぶせておかないと、
根が浅くなって、あとで倒れやすくなったりします。




間引きをします。

芽が出て少し伸びてきて7〜8cmくらいになったら、
1ヵ所からの芽が2本残るように、間引きをします。

1ヵ所に1本にすれば、1本ずつがよく育ってよいのですが、
たくさんの収穫を見込むには、1ヵ所に2本が丁度良いです。





支柱を立てます。

つるありのいんげんなら、つるが長く伸びてきますので、支柱を立てます。

いんげんのつるの成長は早いので、どんどん伸びていきます。
支柱にうまくからませたり、
ビニールタイなどで支柱にまきつけて管理しましょう。

つるなしのいんげんは、つるが伸びてはいきませんが、
いんげん自体の茎だけでは倒れてしまう恐れもあるので、
短い支柱を立てて支えてあげると良いです。





収穫です。

種まきから2ヶ月ほどで収穫です。

4月〜5月に種まきしていれば7月〜8月ごろまで、
7月に遅まきではじめたら、9月〜10月ごろまでが収穫期間になります。

収穫はいんげんが若いうちに早取りしていきましょう。
早取りしていくことで、次々といんげんが実っていきますから
たくさん収穫できますし、長く収穫期間を楽しめます。

収穫を取り遅れると、いんげんの実が硬くなったり、すかすかになったりで、
すぐに食べごろを逃してしまいますので、
小ぶりでやわらかいうちに収穫するようにしましょう。





水やりについて

いんげんは乾燥に弱いので、乾かさないように適度に水を与えます。

種をまいて最初に水を与えたら、
芽が出るまではそれ以上水をやり過ぎないように。
あまり水気が多いと、発芽前に種が腐ってしまうこともあるので
注意しましょう。

育ってからも、適度な水やりを心がけましょう。
特に梅雨時期には、水分過多にならないように注意しましょう。




肥料について

豆類であるいんげんは、あまり肥料を与えなくても育ちます。
また、与えすぎもいけません。

最初に花が咲いたときに、固形タイプの追肥を1回だけ与えます。

その後は、2週間に1回程度、液体タイプの肥料を
薄めて与える程度にするとよいです。




ワンポイントアドバイス

豆類であるいんげんは、同じ土で続けて作ると
連作障害を起こしやすいので、
次のシーズンには新しい土で育てるようにしましょう。












あると便利!家庭菜園グッズ























































 ベランダで出来る家庭菜園  TOP


 ベランダならではの環境とは?

 野菜栽培をはじめよう

 鉢やプランターにもいろいろ

 土の選び方

 種からはじめる栽培方法

 苗からはじめる栽培方法

 水やりについて

 肥料について

 病気と害虫について



 トマトを育てよう

 じゃがいもを育てよう

 さつまいもを育てよう

 なすを育てよう

 きゅうりを育てよう

 ピーマンを育てよう

 にがうりを育てよう

 いんげんを育てよう

 枝豆を育てよう

 バジルを育てよう

 レタスを育てよう

 ブロッコリーを育てよう

 ほうれん草を育てよう

 小松菜・水菜を育てよう



 おすすめアイテム


 プロフィール





























































TOPページへ

 おすすめアイテム
Copyright(C) All Rights Reserved