ほうれん草

ほうれん草を育てよう

ほうれん草を育てよう



            ほうれん草を育てよう


ほうれん草は、ビタミン類や鉄分を豊富に含んだ、冬場が旬の野菜です。

冬の寒さにさらされることでおいしく育ちます。

この定番野菜もベランダで簡単に栽培できます。




ほうれん草の育て方

ほうれん草の種を購入して、種まきからはじめましょう。

種まきの時期は、9月〜10月です。

ほうれん草の種は他の野菜の種と比べると、発芽率が低いので、
種まきの前日に、種を一昼夜水につけておくことで、
発芽率を上げることが出来ます。

また、ほうれん草は、寒さには強いが暑さには弱いので、
種まき時期を早めてまかないようにしましょう。



                    

種まきをします。

鉢やプランターに土を入れたら、種をまいていきます。

種まきの仕方は、鉢ならばらまきで、横長のプランターならすじまきで
種をまきます。

後々、収穫もかねて間引きをしていきますので、種まき時には
種同士の間隔はあまり気にせずに、種をまいていって大丈夫です。


種をまいたら土を1cm程度、軽くかぶせ、水をやります。

水やりは、種が流れていかないように、やさしく行いましょう。





収穫をかねて間引きをします。

種まきから3〜4日たつと芽が出てきます。

1〜2枚の葉が育ってきたら、葉が重なって込み合っているところを
間引きしていきます。

間引いた小さなベビーリーフも収穫のうちです。
生で食べてもおいしいです。





収穫をかねて2回目の間引きをします。

もう少したって、葉が3〜4枚になってきたら、2回目の間引きをします。

葉が重なったり込み合っているところを間引きしていきます。

もちろんこのベビーリーフも収穫のうちですので、おいしく味わいましょう。

この2回目の間引きで、株と株の間隔が3cmくらいになるようにして、
根元に土を少し足しておくと、その後、ほうれん草が大きく育っていきます。





収穫です。

種まきから2ヶ月ほどたって、ほうれん草が15〜20cmくらいになったら
収穫です。

根ごと引き抜いて収穫しましょう。





水やりについて

ほうれん草は水分過多を嫌うので、ほどほどに与えます。




肥料について

最初の間引きが終わったら、週に1回のペースで、
液体タイプの肥料を薄めて与えていくと良いです。




ワンポイントアドバイス

ほうれん草は、寒さにさらされると甘みがでておいしくなりますが、
霜が降りるほどの寒さでは、葉が凍ってしまってだめになりますので
注意が必要です。

朝晩は鉢を室内に入れるとか、寒くなったら鉢をビニールなどで覆うなどの
工夫をして寒さ対策を心がけましょう。












あると便利!家庭菜園グッズ





































 ベランダで出来る家庭菜園  TOP


 ベランダならではの環境とは?

 野菜栽培をはじめよう

 鉢やプランターにもいろいろ

 土の選び方

 種からはじめる栽培方法

 苗からはじめる栽培方法

 水やりについて

 肥料について

 病気と害虫について



 トマトを育てよう

 じゃがいもを育てよう

 さつまいもを育てよう

 なすを育てよう

 きゅうりを育てよう

 ピーマンを育てよう

 にがうりを育てよう

 いんげんを育てよう

 枝豆を育てよう

 バジルを育てよう

 レタスを育てよう

 ブロッコリーを育てよう

 ほうれん草を育てよう

 小松菜・水菜を育てよう



 おすすめアイテム


 プロフィール





 

































TOPページへ

 おすすめアイテム
Copyright(C) All Rights Reserved