鉢やプランター

鉢やプランターにもいろいろ

鉢やプランターにもいろいろ



           プランターにもいろいろ


鉢やプランター ひとつとっても、大きいものから小さいものまでさまざま。
素材や形だっておしゃれなもの、実用性重視なもの、いろいろです。
ガーデニングの流行もあって、数多くのものが売られています。


育てる野菜に合わせた、鉢やプランター を選ぶポイントを紹介します。


                   

おいしい野菜に育てるためには、鉢やプランター は、
大きくて深さのあるものを用意しましょう。


標準サイズは、

鉢なら
直径、高さともに30cm、容積14リットル程度のもの。

プランターなら、
幅65cmx高さ30cmx奥行き30cm、容積30リットル程度のもの
になります。




素材はプラスチック製、テラコッタ製(素焼きの焼き物)などがあります。



プラスチック製のもの

通気性が悪いのですが、その分、土が乾きにくいともいえます。

大変軽量なので、持ち運びに便利ですし、割れる恐れもありません。

色や形が豊富にあり、見た目の質感がテラコッタ製と変わらない
プラスチック製のものもあります。




テラコッタ製のもの

通気性がよいため土が蒸れにくく、
作物の根が呼吸をしやすいのが特徴です。

素焼きの焼き物のため、ずっしりと重く、持ち運びに気を使います。

質感が上質で、見た目にきれいです。





形や大きさにもいろいろあります。


鉢やプランター は大きくなるほど一度に多くの野菜を育てられますが、
土をたっぷりと入れた鉢やプランターは、かなり重くなります。

日当たりなどの関係で動かすこともありますので、
ほどほどの大きさのものを選びましょう。





育てる野菜にあわせて、鉢やプランター を選びます。


丸鉢や大きめな鉢なら
トマトやなす、ピーマン、ブロッコリーなど、
多くの野菜の栽培に向いていて、大変使い勝手が良いです。



横長のプランターなら
トマトやなす、ピーマンはもちろん、にがうりや枝豆などの
栽培にも向いています。



高さが浅い、15〜20cm程度の鉢やプランターなら
レタスやほうれん草、水菜などの根があまり深く張らない野菜を
育てるのに、向いています。



これらの鉢やプランター は総称ではコンテナともいいます。





そのほかにも、木の箱やバケツ、麻袋などでも
野菜を育てることが出来ます。

麻袋は、土をたっぷり入れて、じゃがいもやさつまいもを栽培するのに
向いています。




これら以外にも、鉢やプランター になりそうな気に入ったものがあったら、
家庭菜園で使ってみると楽しいと思います。




鉢やプランター 選びで注意すること

鉢やプランター にもいろいろなものがありますが、
容器の底に水抜きの穴があいていないものを使用する場合は、
水が溜まって根腐れを起こす原因になりますので、
使用するなら、底に水抜き穴をあけてからにしましょう。











あると便利!家庭菜園グッズ












































 ベランダで出来る家庭菜園  TOP


 ベランダならではの環境とは?

 野菜栽培をはじめよう

 鉢やプランターにもいろいろ

 土の選び方

 種からはじめる栽培方法

 苗からはじめる栽培方法

 水やりについて

 肥料について

 病気と害虫について



 トマトを育てよう

 じゃがいもを育てよう

 さつまいもを育てよう

 なすを育てよう

 きゅうりを育てよう

 ピーマンを育てよう

 にがうりを育てよう

 いんげんを育てよう

 枝豆を育てよう

 バジルを育てよう

 レタスを育てよう

 ブロッコリーを育てよう

 ほうれん草を育てよう

 小松菜・水菜を育てよう



 おすすめアイテム


 プロフィール







 


































TOPページへ

 おすすめアイテム
Copyright(C) All Rights Reserved