枝豆

枝豆を育てよう

枝豆を育てよう



               枝豆を育てよう


枝豆は、そのまま育てれば大豆。それだけに、たんぱく質が豊富で、
ビタミンなどの栄養価にも優れた野菜です。

採りたてをサッと茹でて塩をまぶして食べると最高においしいです。

比較的虫にも強いので、簡単で育てやすいおすすめ野菜です。




枝豆の育て方

枝豆は、種まきからはじめます。

4月中旬ごろ〜5月が種まきの時期です。




種まきの仕方

横長のプランターに土を入れたら、15cmほどの間隔をあけて、
2ヵ所、または3ヵ所に2〜3cmの深さで3〜4粒の種を点まきします。

種をまいたらしっかりと土をかぶせます。

鉢を使うなら、1ヵ所に3〜4粒の種を点まきします。
枝豆の栽培は、あまり密集させないで育てた方が良いようです。




間引きをします。

芽が出て、ある程度伸びてきたら、1ヵ所に2本残るように間引きします。

枝豆の茎は、まっすぐに上に伸びていくので、支柱を立てて
茎をビニールタイなどでまきつけて支えてあげると良いです。




摘心をします。

茎が上へ上へと伸びていくと、わき芽が次々に出てきて、
葉をつけていきます。

わき芽が5〜6ヵ所ぐらいまで成長したら、茎の先端を切り落とします。

この摘心をすることで、茎が上へ伸びるのをやめて、
わき芽を伸ばしていき、枝豆のさやの付きをよく出来ます。



                    
収穫です。

7月〜8月ごろに収穫です。
小ぶりなうちに収穫しましょう。

枝豆の実があまり大きくなりすぎると、硬くなり、味も悪くなってしまいます。
ころあいを見て、一株丸ごと引き抜いて収穫しましょう。

さやを一つずつ収穫しても良いです。
小ぶりのうちに早取りしていくことで、たくさんの実をつけてくれて、
長く収穫を楽しめます。




水やりについて

枝豆は乾燥に弱いので、乾かさないように適度に水を与えます。

種をまいて最初に水を与えたら、芽が出るまではそれ以上
水をやり過ぎないように。

あまり水気が多いと、発芽前に種が腐ってしまうこともありますので
注意しましょう。

育ってからも、適度な水やりを心がけましょう。

特に梅雨時期には、水分過多にならないように注意しましょう。




肥料について

豆類である枝豆は、あまり肥料を与えなくても育ちます。
また、与えすぎもいけません。

最初に花が咲いたときに、固形タイプの追肥を1回だけ与えます。

その後は、2週間に1回程度、液体タイプの肥料を薄めて与える程度に
するとよいです。




ワンポイントアドバイス

豆類である枝豆は、同じ土で続けて作ると連作障害を起こしやすいので、
次のシーズンには新しい土で育てるようにしましょう。












あると便利!家庭菜園グッズ






























 ベランダで出来る家庭菜園  TOP


 ベランダならではの環境とは?

 野菜栽培をはじめよう

 鉢やプランターにもいろいろ

 土の選び方

 種からはじめる栽培方法

 苗からはじめる栽培方法

 水やりについて

 肥料について

 病気と害虫について



 トマトを育てよう

 じゃがいもを育てよう

 さつまいもを育てよう

 なすを育てよう

 きゅうりを育てよう

 ピーマンを育てよう

 にがうりを育てよう

 いんげんを育てよう

 枝豆を育てよう

 バジルを育てよう

 レタスを育てよう

 ブロッコリーを育てよう

 ほうれん草を育てよう

 小松菜・水菜を育てよう



 おすすめアイテム


 プロフィール




 





























TOPページへ

 おすすめアイテム
Copyright(C) All Rights Reserved